■妊娠したいなら葉酸はやっぱり必要なの?■

妊娠したいなら葉酸は必要?なぜ多くのママに選ばれてる!?

これから子作りを始める方や、なかなかうまくいかずにお困りの方にとって気になるのが「葉酸」だと思います。

厚生労働省が「妊娠一か月前からの摂取を推奨」していることからも、葉酸の有用性が伺えるのため、これからママになる女性にとっては大切な成分と言えます。


ですが、実際どういった効果が見込めるのかってわかりにくいですよね。


そこで、「どういった効果が見込めるのか?妊娠に葉酸は必要なのか?」について見ていきたいと思います。

特に、40代から葉酸摂取を考えている方は必見です。

■妊娠したい女性に葉酸はどういった効果を発揮するのか?■

葉酸が多くの先輩ママや、これからママになろうと考えている女性に選ばれている理由というのは

1.子宮内膜を強くする
2.不妊リスクを下げる
3.妊娠しやすい体を作る

の3つです。

【1.子宮内膜の強くするについて】

妊娠するということは、受精卵が子宮内膜に着床して、定着させる必要があります。


そのため、妊娠力をアップさせるためには、この子宮内膜を強くする事が大切なんです。


この強くするためのサポートしてくれる栄養素が「葉酸」ってわけなんです。


葉酸を摂取することによって、子宮内膜を分厚くし、ふかふかにする事ができるため、それによって受精卵の着床と定着をアップさせることができます。

それが、妊娠力につながるため、多くのママに葉酸は選ばれているんですね。


イメージとしては、薄いせんべい布団よりも、ふかふかの分厚いベッドの方が赤ちゃんも喜んで寝てくれるイメージです。

より居心地よく、すくすく育ってもらうためにも、子宮内膜を強くすることは妊娠力を上げるためにはとても大切です。

【2.不妊リスクを下げるについて】

「ホモシステイン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

このホモシステインは、「メチオニン」というアミノ酸を代謝する過程で作られる物質です。


この成分の血中濃度が高くなってしまうと

・動脈硬化
・心筋梗塞

など、血管が詰まることによっておこってしまう病気になりやすくなると言われています。


ですが、実はこれだけでなく、血中濃度が高いと

不妊のリスクが高くなる

事が実験によってわかっています。


そのため健康的にも妊活的にも、ホモシステインの血中濃度を下げることは大切になってきます。


また、このホモシステインの血中濃度が高いと、妊娠後の赤ちゃんの体重が増えにくいことも知られています。

なので、妊娠前と妊娠後両方にとって、血中濃度を低く保つことは大切なので、葉酸の摂取も大切なんです。


葉酸を摂取することによって、ホモシステインの血中濃度を下げることができるので、葉酸は妊活中の女性の強い味方ですよ。

【3.妊娠しやすい体を作るについて】

「妊娠しやすい体を作る=子宮の活動を活発にする」というイメージをお持ちの方もいるかと思います。


ですが、ここでの妊娠しやすい体というのは、それよりももっと土台の部分である、「血液」に関係します。


というのも、8割以上の女性が、貧血または隠れ貧血と言われています。


この貧血の状態をほうっておくと、体が冷えやすくなったり、栄養が体のすみずみまで回らないため、内蔵や子宮の働きが弱くなるんですね。

そうなってしまうと、妊娠しにくくなってしまうため、貧血を解消することはとても大切です。


また、貧血気味だと、どうしても体が冷えやすくなり子宮も冷えがちになるため、注意するようにしてください。


これを解決するためには、鉄分の摂取が必要なんですが、それだけでなく「葉酸」を一緒に摂取することで、赤血球をより多く作ることができるので、一緒に摂取することが大切なんです。

逆に葉酸を一緒に摂取しないと、鉄分だけでは赤血球を作ることができないため、効率がかなり悪くなってしまいます。


そのため、セットで摂取するように心がけることが大切ですよ。


血液は、体を作る土台となるためとても重要ですし、妊娠後期になればなるほど、さらに必要になるのが血液なので、早い段階からの準備も大切です。

■妊娠には葉酸は必要なの?■

上記にも書いたとおり、葉酸には多くのメリットがあります。

ですが、妊娠にかならずしも必要なものかというと、必要なものではありません。


そのため、昔のママさんたちはこういったものを意識することはありませんでした。


ですが、現代では不妊の率も上がってきていて、その原因の多くが食生活や生活習慣にあると考えられています。

そのため、こういった研究がなされていて、その結果がわかってきているため、利用しない手はないんですね。


なので、妊娠にはかならずしも必要ではないけど、不妊リスクを下げたり、妊娠に向けての体づくりをしたい場合は、積極的に摂取したほうがいい成分です。


また、上記に上げた理由だけでなく、一番大きく注目されている理由は

妊娠初期に起こりやすい、先天性の神経管閉鎖障害のリスクを下げる

って部分です。


この先天性の障害は、無脳症や二分脊椎の事を指していて、特に無脳症は大脳がうまく作られることがない障害なので、多くの赤ちゃんがそのまま亡くなってしまいます。

そのため、母子ともに大きな影響があるため、葉酸の摂取を厚生労働省が勧めているんです。


こういった理由から、多くのママさんに注目されていて、摂取されている成分なんですよ。


また、最近では葉酸や鉄分、ビタミンなど、妊活中のママさんに向けたサプリメントも多く出ているので、そういたものを利用すれば、気軽に不足しがちな栄養が摂取できて、妊娠の準備を行うことが出来ますよ。


ちなみに、葉酸サプリの中で、芸能人も愛用していて人気の高い物といえば

パティ葉酸サプリ

です。


この葉酸サプリは

・葉酸400μg(マイクログラム)
・鉄分15mg

が摂取できるのため、貧血対策やホモシステイン対策などが気軽にできますよ。


また、それだけでなく

・カルシウム210mg
・ビタミン&ミネラル15種類

と、普段不足しがちな栄養素も摂取できるようになっているので、妊娠前の体づくりにぴったりです。


さらに、それだけでなく、妊娠後でも続けられるように使用している素材にもこだわっていて、無農薬野菜を使用しているため、赤ちゃんを妊娠しても安心して続けることができますよ。


葉酸は、妊娠前に摂取したほうがいいと言われている成分ですが、妊娠中期、後期、産後と役にたってくれる成分なので、継続しての摂取がおすすめです。


多くのママに選ばれている葉酸サプリで、安心安全な素材で作られているのがこのパティ葉酸サプリなので、妊娠に向けての体づくりにぴったりですよ。
更新履歴